東京の保育園転職ネタ【退職数を確認せよ】

無料相談はこちら

お役立ちブログ

東京の保育園転職ネタ【退職数を確認せよ】

2020/05/16

退職数を確認せよ

保育園への就職・転職先を検討するにあたり、

是非、気にしておいて欲しい指標が「退職数」(退職率より退職数が分かりやすい)

 

 

おさえておきたい「退職数項目」

①年度末(3月末限定)の退職者数
②期中内(4月~3月)退職者数
③過去3年間の園長退職数

 

 

もちろん、結婚や介護などの身辺理由はあるが、
退職者数は園の状態を確認する重要な指標だと思ってます。

 

 

さらにおさえておきたいのは「退職理由」
園内の現状の課題が分かるからです。
労働環境なのか、人間関係なのか、保育方針なのか。

 

 

ここからが大事で、

退職者数が多いから、その園に就職・転職するのは辞めておこうではありません。

退職者数がいるから採用枠があるのも事実。
 

 

 

大事なのは、園の現状の課題をきちんと知る事。
そして、自分が仲間になった際に何ができるかを考え、
採用担当者や園長と握ることだと思います

 

 

 

ここを曖昧にして入社するから
こんなはずではなかった・・・
もう辞めたい・・・
などという事態になってしまうのです。

 

 

でも、退職数や退職率など聞きにくいですよね。
そのために我々のような人材紹介エージェントをうまく活用してください。
 

 

最後は宣伝になりましたが、
少しでもこの情報がお役に立てれば幸いです。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。